ホーム > 1番~10番, た行の作者 > 天智天皇(てんじてんのう)


天智天皇(てんじてんのう)

天智天皇(てんじてんのう)の画像

小倉百人一首 001番

(上)
秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ

(下)
わが衣手は 露にぬれつつ

▼音声

読み
あきのたの かりほのいほを とまをあらみ わがころもでは つゆにぬれつつ


現代語訳

秋の田のほとりにある作業小屋にいると、小屋の屋根は菅や萱でで編んであるから目が粗く、こんな所で夜を過ごすから、
もれ落ちる露に私の服の袖がしきりに濡れているよ。

解釈

天皇が、農民の立場で詠んだ歌


作者とプロフィール

名前:天智天皇(てんじてんのう)
性別:男性
生没年:626~671年
第38代天皇で、舒明天皇の第一皇子です。
この当時天皇に対応出来るほど勢力を持っている蘇我氏を645年に倒しました。

雑学・豆知識

百人一首の一番としてよく知られているこの歌は、実はこの歌は天智天皇の御製ではないという説が有力だといわれています。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

曽禰好忠(そねのよしただ)

(上)
由良のとを 渡る船人 かじをたえ

(下)
行くえも知らぬ 恋の道かな

後徳大寺左大臣(ごとくだいじさだいじん)

(上)
ほととぎす 鳴きつる方を ながむれば

(下)
ただありあけの 月ぞ残れる

源俊頼朝臣(みなもとのとしよりのあそん)

(上)
憂かりける 人を初瀬の 山おろしよ

(下)
はげしかれとは 祈らぬものを

藤原興風(ふじわらのおきかぜ)

(上)
誰をかも 知る人にせむ 高砂の

(下)
松も昔の 友ならなくに

皇太后宮大夫俊成(こうたいごうぐうのだいぶしゅんぜい)

(上)
世の中よ 道こそなけれ 思ひける

(下)
山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる

藤原清輔朝臣(ふじわらのきよすけのあそん)

(上)
ながらへば またこのごろや しのばれむ

(下)
憂しと見し世ぞ 今は恋しき