ホーム > 1番~10番, や行の作者 > 山部赤人(やまべのあかひと)


山部赤人(やまべのあかひと)

山部赤人(やまべのあかひと)の画像

小倉百人一首 004番

(上)
田子の浦に うち出でてみれば 白妙の

(下)
富士の高嶺に 雪は降りつつ

▼音声

読み
たごのうらに うちいでてみれば しろたへの
ふじのたかねに ゆきはふりつつ


現代語訳

静岡の田子の浦海岸から富士山を仰ぎ見ると、真っ白となった富士の高峰には、雪が更に降り積もっているよ。

解釈

旅先で見た冬の風景を伝える歌


作者とプロフィール

名前:山部赤人(やまべのあかひと)
性別:男性
生没年:未詳
万葉集に数多くの作品を残している歌人です。
様々の土地に旅をし、心に残った風景を沢山和歌にして残しています。
人麻呂と同様赤人の歴史は不詳のようです。

雑学・豆知識

田子の浦とは、静岡県の富士川西の河口近くから一帯の海岸を指しており、現在の田子の浦とは位置が少し違っています。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

大中臣能宣朝臣(おおなかとみのよしのぶ)

(上)
みかきもり 衛士のたく火の 夜は燃えて

(下)
昼は消えつつ ものをこそ思へ

皇太后宮大夫俊成(こうたいごうぐうのだいぶしゅんぜい)

(上)
世の中よ 道こそなけれ 思ひける

(下)
山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる

謙徳公(けんとくこう)

(上)
あわれとも いふべき人は 思ほえで

(下)
身のいたづらに なりぬべきかな

大弐三位(だいにのさんみ)

(上)
ありま山 ゐなの笹原 風吹けば

(下)
いでそよ人を 忘れやはする

小野小町(おののこまち)

(上)
花の色は 移りにけりな いたづらに

(下)
わが身世にふる ながめせし間に

殷富門院大輔(いんぶもんいんのたいふ)

(上)
見せやばな 雄島のあまの 袖だにも

(下)
濡れにぞ濡れし 色は変はらず