ホーム > 1番~10番, さ行の作者 > 猿丸大夫(さるまるたゆう)


猿丸大夫(さるまるたゆう)

猿丸大夫(さるまるたゆう)の画像

小倉百人一首 005番

(上)
奥山に 紅葉ふみわけ 鳴く鹿の

(下)
声きくときぞ 秋はかなしき

▼音声

読み
おくやまに もみぢふみわけ なくしかの
こえきくときぞ あきはかなしき


現代語訳

人里はなれた山奥で、紅葉があたり一面に敷き詰められたのを踏み分けると、鹿の声が聞こえてくる。
それを聞いていると、秋はいよいよ悲しいものだと感じとれるよ。

解釈

秋特有の寂しさを現した歌


作者とプロフィール

名前:猿丸大夫(さるまるたゆう)
性別:男性
生没年:不詳
伝承上の人物で、実在しなかったのではないかという説が有力のようです。

雑学・豆知識

歌の中の、紅葉を踏み分けているのは鹿という説と作者であるという説の二つがあるようです。
また実際の鹿にはめったに鳴くことがないそうです。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

平兼盛(たいらのかねもり)

(上)
しのぶれど 色に出でにけり わが恋は

(下)
ものや思うと 人の問うまで

坂上是則(さかのうえのこれのり)

(上)
朝ぼらけ 有明の月と みるまでに

(下)
吉野の里に ふれる白雪

右近(うこん)

(上)
忘れらるる 身をば思わず 誓いてし

(下)
人の命の 惜しくもあるかな

藤原清輔朝臣(ふじわらのきよすけのあそん)

(上)
ながらへば またこのごろや しのばれむ

(下)
憂しと見し世ぞ 今は恋しき

藤原義孝(ふじわらのよしたか)

(上)
君がため 惜しからざりし 命さえ

(下)
長くもがなと 思いけるかな

後京極摂政前太政大臣(ごきょうごくせっしょうさきのだいじょうだいじん)

(上)
きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに

(下)
衣かたしき ひとりかも寝む