ホーム > 1番~10番, あ行の作者 > 安部仲麿(あべのなかまろ)


安部仲麿(あべのなかまろ)

安部仲麿(あべのなかまろ)の画像

小倉百人一首 007番

(上)天の原 ふりさけ見れば 春日なる

(下)三笠の山に 出でし月かも

▼音声

読み

あまのはら ふりさけみれば かすがなる
みかさのやまに いでしつきかも


現代語訳

大空をふりあおいではるか遠くを眺めてみると、月が見える。
あの月は・・・、昔住んでいた日本の故郷である春日の三笠山の上に出ていたあの月と同じものなのですね。

解釈

故郷を懐かしむ歌


作者とプロフィール

作者:安部仲麿(あべのなかまろ)
性別:男性
生没年:701~770年
奈良時代の遣唐留学生のうちの1人です。
日本に何度も帰ろうとしたのですが上手くいかず、結局日本に帰れないまま亡くなりました。

雑学・豆知識

安部仲麿が、もうすぐ日本に帰国するという事を祝う宴の席で詠んだ歌です。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

清少納言(せいしょうなごん)

(上)
夜をこめて 鳥のそらねは はかるとも

(下)
よに逢坂の 関はゆるさじ

蝉丸(せみまる)

(上)
これやこの 行くも帰るも わかれては

(下)
しるもしらぬも 逢坂の関

小式部内侍(こしきぶのないし)

(上)
大江山 いく野の道の 遠ければ

(下)
まだふみも見ず 天の橋立

持統天皇(じとうてんのう)

(上)
春すぎて 夏来にけらし 白たへの

(下)
衣ほすてふ 天のかぐ山

三条院(さんじょうのいん)

(上)
心にも あらでうき世に ながらへば

(下)
恋しかるべき 夜半の月かな

光孝天皇(こうこうてんのう)

(上)
君がため 春の野に出でて 若菜つむ

(下)
わが衣手に 雪は振りつつ