ホーム > 1番~10番, か行の作者 > 喜撰法師(きせんほうし)


喜撰法師(きせんほうし)

喜撰法師(きせんほうし)の画像

小倉百人一首 008番

(上)
わが庵は 都のたつみ しかぞすむ

(下)
世をうぢ山と ひとはいふなり

▼音声

読み
わがいほは みやこのたつみ しかぞすむ
よをうぢやまと ひとはいふなり


現代語訳

都の東南にある宇治山に私の庵はあります。
その場所は、鹿も住むのどかで澄んだ空間です。
私は好んで住んでいるのに、世間の人は世を憂しとして避けて住んでいると思っているようです。
そんな事は全然ないのになあ・・・。

解釈

干支の遊び歌


作者とプロフィール

名前:喜撰法師(きせんほうし)
性別:男性
生没年:未詳
経歴や家柄などが分からず、謎の人物です。
喜撰法師の名で伝わっている歌は、現在この歌のみです。

雑学・豆知識

この歌は、干支の遊び歌といわれているように、歌中に「う(卯)」「たつ(辰)み(巳)」の3つの干支が入っています。
最後が午ではなく、鹿の所が色々な推測を呼んで楽しい歌となっています。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

順徳院(じゅんとくいん)

(上)
百敷や ふるき軒端の しのぶにも

(下)
なほあまりある 昔なりけり

三条院(さんじょうのいん)

(上)
心にも あらでうき世に ながらへば

(下)
恋しかるべき 夜半の月かな

凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)

(上)
心あてに 折らばや折らむ 初霜の

(下)
置きまどわせる 白菊の花

清原元輔(きよはらのもとすけ)

(上)
契りきな かたみに袖を しぼりつつ

(下)
末の松山 波越さじとは

河原左大臣(かわらのさだいじん)

(上)
みちのくの しのぶもぢずり たれ故に

(下)
乱れそめにし われならなくに

参議篁(さんぎたかむら)

(上)
わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと

(下)
人には告げよ 海人のつり舟