ホーム > 1番~10番, あ行の作者 > 小野小町(おののこまち)


小野小町(おののこまち)

小野小町(おののこまち)の画像

小倉百人一首 009番

(上)
花の色は 移りにけりな いたづらに

(下)
わが身世にふる ながめせし間に

▼音声

読み
はなのいろは うつりにけりな いたづらに
わがみよにふる ながめせしまに


現代語訳

長雨が続く間、ぼうっとしているといつの間にかお気に入りの桜の花がかなり色あせてしまっている。
この桜のように私の身もこうなってしまうのでしょうか。

解釈

春の花と女性の心を掛け合わせた歌


作者とプロフィール

名前:小野小町(おののこまち)
性別:女性
生没年:未詳
小野良貞の娘。
日本では三大美人の1人とされ、絶世の美女であったととても有名な女性。
数多くの伝説が存在しています。

雑学・豆知識

古今集以前には花=梅でしたが、小野小町の時代には花=桜と変わったようです。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

藤原基俊(ふじわらのもととし)

(上)
契りおきし させもが露を いのちにて

(下)
あはれ今年の 秋もいぬめり

藤原実方朝臣(ふじわらのさねかたのあそん)

(上)
かくとだに えやはいぶきの さしも草

(下)
さしも知らじな 燃ゆる思ひを

崇徳院(すとくいん)

(上)
瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の

(下)
われても末に あはむとぞ思う

権中納言定頼(ごんちゅうなごんさだより)

(上)
朝ぼらけ 宇治の川霧 たえだえに

(下)
あらはれわたる 瀬々の網代木

後鳥羽院(ごとばのいん)

(上)
人も惜し 人も恨めし あぢきなく

(下)
世を思ふゆゑに 物思ふ身は

祐子内親王家紀伊(ゆうしないしんのうけのきい)

(上)
音にきく たかしの浜の あだ波は

(下)
かけじや袖の ぬれもこそすれ