ホーム > 1番~10番, さ行の作者 > 蝉丸(せみまる)


蝉丸(せみまる)

蝉丸(せみまる)の画像

小倉百人一首 010番

(上)
これやこの 行くも帰るも わかれては

(下)
しるもしらぬも 逢坂の関

▼音声

読み
これやこの ゆくもかへるも わかれては
しるもしらぬも あふさかのせき


現代語訳

これがあの、行く人も帰る人も、知っている人も知らない人も、別れてはまた逢うという逢坂の関なのですよ。

解釈

地元に住む人が、関での行きかう人の事を表現した歌


作者とプロフィール

名前:蝉丸(せみまる)
性別:男性
生没年:未詳
生涯については確かな事は伝えられておらず、伝説上の人物ではないかといわれています。

雑学・豆知識

逢坂の関とは、現在の京都府と滋賀県との県境辺りになります。
リズミカルに詠める事と、蝉丸という名前、そして謎が多い所から、どの世代にも好まれている歌のようです。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

法性寺入道前関白太政大臣
(ほっしょうじにゅうどうさきのかんぱくだいじょうだいじん)

(上)
わたの原 こぎ出でてみれば 久方の

(下)
雲ゐにまがふ 沖つ白波

文屋朝康(ふんやのあさやす)

(上)
白露に 風の吹きしく 秋の野は

(下)
つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける

皇太后宮大夫俊成(こうたいごうぐうのだいぶしゅんぜい)

(上)
世の中よ 道こそなけれ 思ひける

(下)
山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる

元良親王(もとよししんのう)

(上)
わびぬれば 今はたおなじ 難波なる

(下)
みをつくしても 逢はむとぞ思ふ

壬生忠岑(みぶのただみね)

(上)
有明の つれなく見えし 別れより

(下)
あかつきばかり 憂きものはなし

源俊頼朝臣(みなもとのとしよりのあそん)

(上)
憂かりける 人を初瀬の 山おろしよ

(下)
はげしかれとは 祈らぬものを