ホーム > 11番~20番, さ行の作者 > 参議篁(さんぎたかむら)


参議篁(さんぎたかむら)

参議篁(さんぎたかむら)の画像

小倉百人一首 011番

(上)
わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと

(下)
人には告げよ 海人のつり舟

▼音声

読み
わたのはら やそしまかけて こぎいでぬと
ひとにはつげよ あまのつりぶね


現代語訳

はるか彼方に広がる海に、多くの島々が点々と浮かんでいる。
そこの漁師さん、私はその島々を漕ぎ旅立ったと都にいるあの人に伝えて下さいませんか?

解釈

都に残してきた人に、船旅に出る事を伝えた歌


作者とプロフィール

名前:参議篁(さんぎたかむら)
性別:男性
生没年:803~852年
小野岑守の息子。
真相は定かではありませんが、小野小町の祖父に当たる人ではないかと言われているようです。
閻魔様の下で働いているとか、妻が幽霊であるとか様々な伝説が残っています。

雑学・豆知識

参議篁が、隠岐に島流しにあった時に詠んだ歌だといわれています。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

小野小町(おののこまち)

(上)
花の色は 移りにけりな いたづらに

(下)
わが身世にふる ながめせし間に

順徳院(じゅんとくいん)

(上)
百敷や ふるき軒端の しのぶにも

(下)
なほあまりある 昔なりけり

和泉式部(いずみしきぶ)

(上)
あらざらむ この世のほかの 思ひ出に

(下)
今ひとたびの 逢ふこともがな

後京極摂政前太政大臣(ごきょうごくせっしょうさきのだいじょうだいじん)

(上)
きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに

(下)
衣かたしき ひとりかも寝む

三条右大臣(さんじょうのうだいじん)

(上)
名にし負はば 逢坂山の さねかづら

(下)
人に知られで くるよしもがな

在原業平朝臣(ありわらのなりひらのあそん)

(上)
ちはやぶる 神代もきかず 竜田川

(下)
からくれなゐに 水くくるとは