ホーム > 11番~20番, さ行の作者 > 僧正遍昭(そうじょうへんじょう)


僧正遍昭(そうじょうへんじょう)

僧正遍昭(そうじょうへんじょう)の画像

小倉百人一首 012番

(上)
天つ風 雲の通ひ路 吹きとぢよ

(下)
をとめの姿 しばしとどめむ

▼音声

読み
あまつかぜ くものかよひぢ ふきとぢよ
をとめのすがた しばしとどめむ


現代語訳

空に吹く風よ、雲の間から見える通り道を閉ざしてくれないか。
天女が舞う姿を、眺め続けていたいから。

解釈

綺麗な物見続けたいと願う冬の歌


作者とプロフィール

名前:僧正遍昭(そうじょうへんじょう)
性別:男性
生没年:816~890年
桓武天皇の孫で、良岑安世の子。
風貌がよくハンサムだったそうです。

雑学・豆知識

旧暦の11月に、5人の乙女を天女に見立てて踊るという宮廷行事をみた時に詠まれたものです。
出家しているのに艶っぽい歌だ、と思われている方も多いかと思いますが、出家前に詠んだものです。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

待賢門院堀川(たいけんもんいんのほりかわ)

(上)
長からむ 心も知らず 黒髪の

(下)
乱れてけさは 物をこそ思へ

権中納言定家(ごんちゅうなごんていか)

(上)
こぬ人を まつほの浦の 夕なぎに

(下)
焼くやもしほの 身もこがれつつ

清少納言(せいしょうなごん)

(上)
夜をこめて 鳥のそらねは はかるとも

(下)
よに逢坂の 関はゆるさじ

凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)

(上)
心あてに 折らばや折らむ 初霜の

(下)
置きまどわせる 白菊の花

大中臣能宣朝臣(おおなかとみのよしのぶ)

(上)
みかきもり 衛士のたく火の 夜は燃えて

(下)
昼は消えつつ ものをこそ思へ

猿丸大夫(さるまるたゆう)

(上)
奥山に 紅葉ふみわけ 鳴く鹿の

(下)
声きくときぞ 秋はかなしき