ホーム > 11番~20番, か行の作者 > 河原左大臣(かわらのさだいじん)


河原左大臣(かわらのさだいじん)

河原左大臣(かわらのさだいじん)の画像

小倉百人一首 014番

(上)
みちのくの しのぶもぢずり たれ故に

(下)
乱れそめにし われならなくに

▼音声

読み
みちのくの しのぶもじずり たれゆえに
みだれそめにし われならなくに


現代語訳

信夫捩じ摺りの乱れた模様のように、私の心が乱れてしまったのは誰のせいか分かりますか?
私のせいではなく、貴方のせいなのですよ?

解釈

乱れる恋心の歌


作者とプロフィール

名前:河原左大臣(かわらのさだいじん)
性別:男性
生没年:822~995年
本名は源融で、嵯峨天皇の第八皇子。
風流を好む人だったようで、自分の別荘の庭に奥国の風景と同じものを作らせました。

雑学・豆知識

女性から問われたのを、答える形で返した歌です。
信夫捩摺はこの歌の影響により、当時の都人は見るだけで乱れる恋心をイメージさせたといわれています。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

壬生忠見(みぶのただみ)

(上)
恋すてふ  わが名はまだき 立ちにけり

(下)
人知れずこそ 思ひそめしか

藤原興風(ふじわらのおきかぜ)

(上)
誰をかも 知る人にせむ 高砂の

(下)
松も昔の 友ならなくに

柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)

(上)
あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の

(下)
ながながし夜を ひとりかも寝む

左京大夫顕輔(さきょうのだいぶあきすけ)

(上)
秋風に たびなく雲の たえ間より

(下)
もれ出づる月の かげのさやけさ

源宗于朝臣(みなもとのむねゆきのあそん)

(上)
山里は 冬ぞさびしさ まさりける

(下)
人目も草も かれぬと思へば

清原深養父(きよはらのふかやぶ)

(上)
夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを

(下)
雲のいずこに 月やどるらむ