ホーム > 11番~20番, か行の作者 > 光孝天皇(こうこうてんのう)


光孝天皇(こうこうてんのう)

光孝天皇(こうこうてんのう)の画像

小倉百人一首 015番

(上)
君がため 春の野に出でて 若菜つむ

(下)
わが衣手に 雪は振りつつ

▼音声

読み
きみがため はるののにいでて わかなつむ
わがころもでに ゆきはふりつつ


現代語訳

貴方のためにと、春先の野にむかい春の七草を摘み取とっていたら、袖先に雪が舞い降りてきましたよ。

解釈

春の訪れと、献身的な優しさの歌


作者とプロフィール

名前:光孝天皇(こうこうてんのう)
性別:男性
生没年:830~978年
第58代天皇で、仁明天皇の皇子。
在位は4年。
芸術を理解し、文学を好んだ聡明な人だったようです。

雑学・豆知識

歌の中に出てくる若菜とは、せりやなずななどの、いわゆる春の七草だったようです。
暖かい汁物にして食べると、邪気を払うとされていました。
光孝天皇がまだ親王の頃に詠まれた歌で、若草を送った相手は分かっていません。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

壬生忠見(みぶのただみ)

(上)
恋すてふ  わが名はまだき 立ちにけり

(下)
人知れずこそ 思ひそめしか

藤原敏行朝臣(ふじわらのとしゆきあそん)

(上)
住の江の 岸に寄る波 よるさへや

(下)
夢の通ひ路 人目よくらむ

藤原興風(ふじわらのおきかぜ)

(上)
誰をかも 知る人にせむ 高砂の

(下)
松も昔の 友ならなくに

和泉式部(いずみしきぶ)

(上)
あらざらむ この世のほかの 思ひ出に

(下)
今ひとたびの 逢ふこともがな

源宗于朝臣(みなもとのむねゆきのあそん)

(上)
山里は 冬ぞさびしさ まさりける

(下)
人目も草も かれぬと思へば

壬生忠岑(みぶのただみね)

(上)
有明の つれなく見えし 別れより

(下)
あかつきばかり 憂きものはなし