ホーム > 11番~20番, た行の作者 > 中納言行平(ちゅうなごんゆきひら)


中納言行平(ちゅうなごんゆきひら)

中納言行平(ちゅうなごんゆきひら)の画像

小倉百人一首 016番

(上)
たち別れ いなばの山の 峰に生ふる

(下)
まつとし聞かば いま帰り来む

▼音声

読み
たちわかれ いなばのやまの みねにおふる
まつとしきかば いまかへりこむ


現代語訳

私は因幡の国へ行かなければいけないので、お別れですね。
けれど稲葉山の松のように貴方が待つというのなら、直ぐに帰ってきます。

解釈

別れの歌


作者とプロフィール

名前:中納言行平(ちゅうなごんゆきひら)
性別:男性
生没年:819~893年
平城天皇の阿保親王の子。
奨学院という一門の学問所を作り、子弟の教育の場として学問にも力を入れていたそうです。

雑学・豆知識

昔は仕事の任務を終え京都に帰る際に詠んだ歌と言われていましたが、現在では京都から因幡に向かう際に詠んだと解釈されています。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

後徳大寺左大臣(ごとくだいじさだいじん)

(上)
ほととぎす 鳴きつる方を ながむれば

(下)
ただありあけの 月ぞ残れる

後鳥羽院(ごとばのいん)

(上)
人も惜し 人も恨めし あぢきなく

(下)
世を思ふゆゑに 物思ふ身は

崇徳院(すとくいん)

(上)
瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の

(下)
われても末に あはむとぞ思う

素性法師(そせいほうし)

(上)
いま来むと 言ひしばかりに 長月の

(下)
有明の月を 待ちいでつるかな

大納言公任(だいなごんきんとう)

(上)
滝の音は 絶えて久しく なりぬれど

(下)
名こそ流れて なほ聞こえけれ

参議篁(さんぎたかむら)

(上)
わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと

(下)
人には告げよ 海人のつり舟