ホーム > 11番~20番, あ行の作者 > 在原業平朝臣(ありわらのなりひらのあそん)


在原業平朝臣(ありわらのなりひらのあそん)

在原業平朝臣(ありわらのなりひらのあそん)の画像

小倉百人一首 017番

(上)
ちはやぶる 神代もきかず 竜田川

(下)
からくれなゐに 水くくるとは

▼音声

読み
ちはやぶるかみよもきかずたつたがわ
からくれなゐにみずくくるとは


現代語訳

不思議な事が沢山あった神代の昔でさえも、このような紅葉で赤く染まった竜田川を見ることなんてなかったでしょうね。

解釈

秋の風景を詠んだ歌


作者とプロフィール

名前:在原業平朝臣(ありわらのなりひらのあそん)
性別:男性
生没年:825~880年
中納言行平の弟。
美女代表の小町と並ぶ、美男代表といわれています。
伊勢物語の主人公「男」のモデルでもありました。

雑学・豆知識

この歌の中にでている竜田川は、リアルな景色を見たものではなく、屏風に描かれている竜田川の紅葉を見て詠んだものだといわれています。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

左京大夫道雅(さきょうだいぶみちまさ)

(上)
今はただ 思ひ絶えなむ とばかりを

(下)
人づてならで 言ふよしもがな

春道列樹(はるみちのつらき)

(上)
山川に 風のかけたる しがらみは

(下)
流れもあへぬ 紅葉なりけり

小式部内侍(こしきぶのないし)

(上)
大江山 いく野の道の 遠ければ

(下)
まだふみも見ず 天の橋立

中納言行平(ちゅうなごんゆきひら)

(上)
たち別れ いなばの山の 峰に生ふる

(下)
まつとし聞かば いま帰り来む

在原業平朝臣(ありわらのなりひらのあそん)

(上)
ちはやぶる 神代もきかず 竜田川

(下)
からくれなゐに 水くくるとは

俊恵法師(しゅんえほうし)

(上)
夜もすがら 物思ふころは 明けやらで

(下)
閨のひまさへ つれなかりけり