ホーム > 11番~20番, あ行の作者 > 伊勢(いせ)


伊勢(いせ)

伊勢(いせ)の画像

小倉百人一首 019番

(上)
難波潟 みじかき芦の ふしの間も

(下)
逢はでこの世を すぐしてよとや

▼音声

読み
なにはがた みじかきあしの ふしのまも
あはでこのよを すぐしてよとや


現代語訳

難波潟に生い茂る芦の短い節目のような短い間でさえも、貴方は逢ってくれないのですか。
逢えないままこの世からいなくなるしかないのでしょうね。

解釈

逢えない辛さを綴った恋の歌


作者とプロフィール

名前:伊勢(いせ)
性別:女性
生没年:877~938年
藤原継蔭の娘。
三十六歌仙の1人。
恋多き女性で、波乱万丈な人生を送りました。

雑学・豆知識

伊勢は恋人が多く、この歌を送ったはっきりとした相手が特定できません。
若き日の藤原仲平ではないかという説が有力だといわれています。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

山部赤人(やまべのあかひと)

(上)
田子の浦に うち出でてみれば 白妙の

(下)
富士の高嶺に 雪は降りつつ

凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)

(上)
心あてに 折らばや折らむ 初霜の

(下)
置きまどわせる 白菊の花

文屋康秀(ふんやのやすひで)

(上)
吹くからに 秋の草木の しをるれば

(下)
むべ山風を 嵐といふらむ

大弐三位(だいにのさんみ)

(上)
ありま山 ゐなの笹原 風吹けば

(下)
いでそよ人を 忘れやはする

壬生忠見(みぶのただみ)

(上)
恋すてふ  わが名はまだき 立ちにけり

(下)
人知れずこそ 思ひそめしか

大納言経信(だいなごんつねのぶ)

(上)
夕されば 門田の稲葉 おとづれて

(下)
葦のまろやに 秋風ぞ吹く