ホーム > 11番~20番, ま行の作者 > 元良親王(もとよししんのう)


元良親王(もとよししんのう)

元良親王(もとよししんのう)の画像

小倉百人一首 020番

(上)
わびぬれば 今はたおなじ 難波なる

(下)
みをつくしても 逢はむとぞ思ふ

▼音声

読み
わびぬれば いまはたおなじ なにはなる
みをつくしても あはむとぞおもふ


現代語訳

世間的には悪い事だと知っていながらも、今となっては過去も現在も同じ事。
難波にある澪つくしの名のように、身も心も命さえをなくしても構わない、少しでもいいから貴方と逢いたいのです。

解釈

激しい感情の恋の歌


作者とプロフィール

名前:元良親王(もとよししんのう)
性別:男性
生没年:890~901年
陽成天皇の皇子。
女性との歌が多く様々な女性と関係をもったことで知られています。

雑学・豆知識

歌の相手の女性は、当時の天皇の父である宇多院の后である藤原褒子です。
つまり不倫の恋です。
この不倫が世間の間で知られた後、詠われたものといわれています。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

中納言兼輔(ちゅうなごんかねすけ)

(上)
みかの原 わきて流るる いづみ川

(下)
いつみきとてか 恋しかるらむ

僧正遍昭(そうじょうへんじょう)

(上)
天つ風 雲の通ひ路 吹きとぢよ

(下)
をとめの姿 しばしとどめむ

後鳥羽院(ごとばのいん)

(上)
人も惜し 人も恨めし あぢきなく

(下)
世を思ふゆゑに 物思ふ身は

在原業平朝臣(ありわらのなりひらのあそん)

(上)
ちはやぶる 神代もきかず 竜田川

(下)
からくれなゐに 水くくるとは

左京大夫顕輔(さきょうのだいぶあきすけ)

(上)
秋風に たびなく雲の たえ間より

(下)
もれ出づる月の かげのさやけさ

参議篁(さんぎたかむら)

(上)
わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと

(下)
人には告げよ 海人のつり舟