ホーム > 21番~30番, さ行の作者 > 素性法師(そせいほうし)


素性法師(そせいほうし)

素性法師(そせいほうし)の画像

小倉百人一首 021番

(上)
いま来むと 言ひしばかりに 長月の

(下)
有明の月を 待ちいでつるかな

▼音声

読み
いまこむと いひしばかりに ながつきの
ありあけのつきを まちいでつるかな


現代語訳

「今から行くよ」と貴方がいったから、9月の長い夜の間待っていたのに、気が付くと有明の月が見える朝を迎えていました。

解釈

待ちわびる恋の歌


作者とプロフィール

名前:素性法師(そせいほうし)
性別:男性
生没年:未詳
僧正遍昭の息子。
父の誘いにより早くから出家し、京都洛北の雲林院の奈良県の良因院の住持となりました。

雑学・豆知識

作者本人は男性であり僧でしたが、女性の立場に立って詠われたものです。
一夜待ち続けた心境の歌か、待ち続けていたら9月の月になったと心境の歌という二つの説があります。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

後京極摂政前太政大臣(ごきょうごくせっしょうさきのだいじょうだいじん)

(上)
きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに

(下)
衣かたしき ひとりかも寝む

僧正遍昭(そうじょうへんじょう)

(上)
天つ風 雲の通ひ路 吹きとぢよ

(下)
をとめの姿 しばしとどめむ

右大将道綱母(うだいしょうみちつなのはは)

(上)
嘆きつつ ひとり寝る夜の 明くるまは

(下)
いかに久しき ものとかは知る

蝉丸(せみまる)

(上)
これやこの 行くも帰るも わかれては

(下)
しるもしらぬも 逢坂の関

清原深養父(きよはらのふかやぶ)

(上)
夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを

(下)
雲のいずこに 月やどるらむ

藤原義孝(ふじわらのよしたか)

(上)
君がため 惜しからざりし 命さえ

(下)
長くもがなと 思いけるかな