ホーム > 21番~30番, は行の作者 > 文屋康秀(ふんやのやすひで)


文屋康秀(ふんやのやすひで)

文屋康秀(ふんやのやすひで)の画像

小倉百人一首 022番

(上)
吹くからに 秋の草木の しをるれば

(下)
むべ山風を 嵐といふらむ

▼音声

読み
ふくからに あきのくさきの しをるれば
むべやまかぜを あらしといふらむ


現代語訳

風が吹くと、すぐに秋の草木が萎れてしまう。
なるほど。
だから嵐という字は山の風と書くのですね。

解釈

歌合の歌


作者とプロフィール

名前:文屋康秀(ふんやのやすひで)
性別:男性
生没年:不詳
縫殿助文屋宗干の子。
小野小町に転勤するから一緒に行こうと誘ったが、断られた悲しいエピソードを持つ人物です。

雑学・豆知識

この歌は古い写本に、文屋康秀ではなく、子供の朝康が作者と書かれているものがある為、康秀ではなく朝康が詠ったのではないかという説があります。
百人一首の中では駄作といわれていますが、人気の高い歌でもあります。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

恵慶法師(えぎょうほうし)

(上)
八重葎 しげれる宿の さびしきに

(下)
人こそ見えね 秋は来にけり

中納言兼輔(ちゅうなごんかねすけ)

(上)
みかの原 わきて流るる いづみ川

(下)
いつみきとてか 恋しかるらむ

素性法師(そせいほうし)

(上)
いま来むと 言ひしばかりに 長月の

(下)
有明の月を 待ちいでつるかな

僧正遍昭(そうじょうへんじょう)

(上)
天つ風 雲の通ひ路 吹きとぢよ

(下)
をとめの姿 しばしとどめむ

順徳院(じゅんとくいん)

(上)
百敷や ふるき軒端の しのぶにも

(下)
なほあまりある 昔なりけり

三条右大臣(さんじょうのうだいじん)

(上)
名にし負はば 逢坂山の さねかづら

(下)
人に知られで くるよしもがな