ホーム > 21番~30番, あ行の作者 > 大江千里(おおえのちさと)


大江千里(おおえのちさと)

大江千里(おおえのちさと)の画像

小倉百人一首 023番

(上)
月見れば ちぢにものこそ 悲しけれ

(下)
わが身一つの 秋にはあらねど

▼音声

読み
つきみれば ちぢにものこそ かなしけれ
わがみひとつの あきにはあらねど


現代語訳

秋の月を見ていると、様々な物事が悲しく感じ取れてしまう。
秋は私だけに訪れるものではないのに・・・。

解釈

秋の寂しさを詠った歌


作者とプロフィール

名前:大江千里(おおえのちさと)
性別:男性
生没年:未詳
漢学者の大江音頭の子。
学者兼歌人兼漢学者。

雑学・豆知識

この歌は「白氏文集」にある漢詩の「燕子桜中 霜月ノ色 秋来ツテ 只一人ノ為ニ長シ」(燕子楼に霜が降りる夜、秋は私一人の為に長い)を翻案したものになります。
父子ともに優秀な漢詩一家でしたが、千里以降にも優秀な漢学者を多数輩出しています。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

右近(うこん)

(上)
忘れらるる 身をば思わず 誓いてし

(下)
人の命の 惜しくもあるかな

大弐三位(だいにのさんみ)

(上)
ありま山 ゐなの笹原 風吹けば

(下)
いでそよ人を 忘れやはする

法性寺入道前関白太政大臣
(ほっしょうじにゅうどうさきのかんぱくだいじょうだいじん)

(上)
わたの原 こぎ出でてみれば 久方の

(下)
雲ゐにまがふ 沖つ白波

左京大夫顕輔(さきょうのだいぶあきすけ)

(上)
秋風に たびなく雲の たえ間より

(下)
もれ出づる月の かげのさやけさ

皇嘉門院別当(こうかもんいんのべっとう)

(上)
難波江の 葦のかりねの ひとよゆゑ

(下)
みをつくしてや 恋ひわたるべき

式子内親王(しょくしないしんのう)

(上)
玉のをよ たえなばたえね ながらへば

(下)
忍ぶることの 弱りもぞする