ホーム > 21番~30番, か行の作者 > 菅家(かんけ)


菅家(かんけ)

菅家(かんけ)の画像

小倉百人一首 024番

(上)
このたびは 幣もとりあえず 手向山

(下)
紅葉の錦 神のまにまに

▼音声

読み
このたびは ぬさもとりあえず たむけやま
もみじのにしき かみのまにまに


現代語訳

この度の旅は、慌しかった為に神へのささげものをする事さえも出来ませんでした。
手向けの山の紅葉の錦を捧げますので、神の御心のままお受け取りください。

解釈

旅途中の秋の紅葉の歌


作者とプロフィール

名前:菅家(かんけ)
性別:男性
生没年:845~903年
学問の神様となった菅原道真公の事。
「阿衡事件」の解決で宇多天皇の信を得ました。

雑学・豆知識

歌のなかの幣は、今で言うところの、お祓いの時に神主さんが振り回す白い紙がついたものです。
歌が詠まれた当時の幣は、着色してある絹を小さく切ったものでした。
それを、旅に出る際には幣袋に入れてお守りにし、旅の無事を祈ったそうです。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

西行法師(さいぎょうほうし)

(上)
嘆けとて 月やは物を 思はする

(下)
かこち顔なる わが涙かな

後徳大寺左大臣(ごとくだいじさだいじん)

(上)
ほととぎす 鳴きつる方を ながむれば

(下)
ただありあけの 月ぞ残れる

中納言行平(ちゅうなごんゆきひら)

(上)
たち別れ いなばの山の 峰に生ふる

(下)
まつとし聞かば いま帰り来む

恵慶法師(えぎょうほうし)

(上)
八重葎 しげれる宿の さびしきに

(下)
人こそ見えね 秋は来にけり

藤原清輔朝臣(ふじわらのきよすけのあそん)

(上)
ながらへば またこのごろや しのばれむ

(下)
憂しと見し世ぞ 今は恋しき

僧正遍昭(そうじょうへんじょう)

(上)
天つ風 雲の通ひ路 吹きとぢよ

(下)
をとめの姿 しばしとどめむ