ホーム > 21番~30番, さ行の作者 > 三条右大臣(さんじょうのうだいじん)


三条右大臣(さんじょうのうだいじん)

三条右大臣(さんじょうのうだいじん)の画像

小倉百人一首 025番

(上)
名にし負はば 逢坂山の さねかづら

(下)
人に知られで くるよしもがな

▼音声

読み
なにしおはば あふさかやまの さねかづら
ひとにしられで くるよしもがな


現代語訳

逢って寝るという名前をもつ坂山のさねかずら。
その蔦をたぐりよせることで、寝床を共に出来るように、誰にも知られず貴方と逢える方法を知りたいものです。

解釈

人目を気にしながらも逢いたい恋の歌


作者とプロフィール

名前:三条右大臣(さんじょうのうだいじん)
性別:男性
生没年:832~932年
本名は藤原定方。
管絃の名手であると同時に、庇護者として従兄弟の兼輔と活躍しました。

雑学・豆知識

歌の中で出てくる「さかねかずら」は、蔓草の一種で、冬になると赤い実をつけます。
蔓の中には粘着性の液があり、その液を男性は整髪料として利用していたといわれています。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

権中納言敦忠(ごんちゅうなごんあつただ)

(上)
逢いみての のちの心にくらぶれば

(下)
昔はものを 思わざりけり

柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)

(上)
あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の

(下)
ながながし夜を ひとりかも寝む

大納言公任(だいなごんきんとう)

(上)
滝の音は 絶えて久しく なりぬれど

(下)
名こそ流れて なほ聞こえけれ

崇徳院(すとくいん)

(上)
瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の

(下)
われても末に あはむとぞ思う

清原元輔(きよはらのもとすけ)

(上)
契りきな かたみに袖を しぼりつつ

(下)
末の松山 波越さじとは

前大僧正慈円(さきのだいそうじょうじえん)

(上)
おほけなく うき世の民に おほふかな

(下)
わが立つ杣に すみぞめの袖