ホーム > 21番~30番, た行の作者 > 貞信公(ていしんこう)


貞信公(ていしんこう)

貞信公(ていしんこう)の画像

小倉百人一首 026番

(上)
小倉山 峰のもみぢ葉 こころあらば

(下)
今ひとたびの みゆき待たなむ

▼音声

読み
おぐらやま みねのもみぢば こころあらば
いまひとたびの みゆきまたなむ


現代語訳

小倉山の紅葉よ。
もし心というものがあるのなら、今ひとたび天皇の訪れがあるまで散らずに待っておいてくれないかな。

解釈

秋と人情の歌


作者とプロフィール

名前:貞信公(ていしんこう)
性別:男性
生没年:880~949年
藤原基経の四男で、本名は藤原忠平。
忠平と仲の悪かった菅原道真と、親しく交流していました。
宇多天皇に信頼され、その皇女順子を妻にしたそうです。

雑学・豆知識

宇多上皇が、醍醐天皇にも見せたいと言ったのを聞いて詠んだ歌です。
また、小倉アンの由来はこの歌からとられました。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

二条院讃岐(にじょういんのさぬき)

(上)
わが袖は 潮干に見えぬ 沖の石の

(下)
人こそ知らね 乾くまもなし

大納言経信(だいなごんつねのぶ)

(上)
夕されば 門田の稲葉 おとづれて

(下)
葦のまろやに 秋風ぞ吹く

紀友則(きのとものり)

(上)
ひさかたの 光のどけき 春の日に

(下)
静心なく 花の散るらむ

源重之(みなもとのしげゆき)

(上)
風をいたみ 岩うつ波の おのれのみ

(下)
くだけてものを 思うころかな

順徳院(じゅんとくいん)

(上)
百敷や ふるき軒端の しのぶにも

(下)
なほあまりある 昔なりけり

入道前太政大臣(にゅうどうさきのだいじょうだいじん)

(上)
花さそふ 嵐の庭の 雪ならで

(下)
ふりゆくものは わが身なりけり