ホーム > 21番~30番, た行の作者 > 中納言兼輔(ちゅうなごんかねすけ)


中納言兼輔(ちゅうなごんかねすけ)

中納言兼輔(ちゅうなごんかねすけ)の画像

小倉百人一首 027番

(上)
みかの原 わきて流るる いづみ川

(下)
いつみきとてか 恋しかるらむ

▼音声

読み
みかのはら わきてながるる いづみがわ
いつみきとてか こひしかるらむ


現代語訳

みかの原を二つにわけて流れるいづみ川。
そのいづみの名のように、貴方をいつかみた訳ではないのですが、どうして私は貴方をこんなにも恋しく思うのでしょうか。

解釈

逢った事のない人を思う恋の歌


作者とプロフィール

名前:中納言兼輔(ちゅうなごんかねすけ)
性別:男性
生没年:877~933年
藤原基利基の子で、本名は藤原兼輔。
紫式部の曾孫にあたる。

雑学・豆知識

会った事もない人にこんなにも恋焦がれている歌を詠ったのは、当時の請婿婚のためです。
男性は女性の結婚するまで顔が見ることが出来なかったのが普通でした。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

右大将道綱母(うだいしょうみちつなのはは)

(上)
嘆きつつ ひとり寝る夜の 明くるまは

(下)
いかに久しき ものとかは知る

蝉丸(せみまる)

(上)
これやこの 行くも帰るも わかれては

(下)
しるもしらぬも 逢坂の関

権中納言定頼(ごんちゅうなごんさだより)

(上)
朝ぼらけ 宇治の川霧 たえだえに

(下)
あらはれわたる 瀬々の網代木

左京大夫顕輔(さきょうのだいぶあきすけ)

(上)
秋風に たびなく雲の たえ間より

(下)
もれ出づる月の かげのさやけさ

皇太后宮大夫俊成(こうたいごうぐうのだいぶしゅんぜい)

(上)
世の中よ 道こそなけれ 思ひける

(下)
山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる

崇徳院(すとくいん)

(上)
瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の

(下)
われても末に あはむとぞ思う