ホーム > 21番~30番, ま行の作者 > 源宗于朝臣(みなもとのむねゆきのあそん)


源宗于朝臣(みなもとのむねゆきのあそん)

源宗于朝臣(みなもとのむねゆきのあそん)の画像

小倉百人一首 028番

(上)
山里は 冬ぞさびしさ まさりける

(下)
人目も草も かれぬと思へば

▼音声

読み
やまざとは ふゆぞさびしさ まさりける
ひとめもくさも かれぬとおもへば


現代語訳

山里の冬は、寂しさが特に勝るものです。
人も尋ねてはこないし、草も枯れてしまうのですからね。

解釈

冬の山里の寂しさを現した歌


作者とプロフィール

名前:源宗于朝臣(みなもとのむねゆきのあそん)
性別:男性
生没年:?~939年
光孝天皇の孫、父は皇子是忠親王。

雑学・豆知識

源宗于朝臣は「大和物語」にも出てきます。
天皇の孫であるにも関わらず、官位が進まぬ事を嘆いた様子がかかれてあり、悲しげな人生のように感じ取れます。
しかし、恋愛遍歴もあり、放蕩息子や出来のいい娘などに囲まれて、実は結構楽しい人生を歩んでいたのかもしれません。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

中納言家持(ちゅうなごんやかもち)

(上)かささぎの わたせる橋に おく霜の

(下)しろきを見れば 夜ぞふけにける

前大僧正行尊(さきのだいそうじょうぎょうそん)

(上)
もろともに あはれと思へ 山桜

(下)
花よりほかに 知る人もなし

恵慶法師(えぎょうほうし)

(上)
八重葎 しげれる宿の さびしきに

(下)
人こそ見えね 秋は来にけり

藤原道信朝臣(ふじわらのみちのぶあそん)

(上)
明けぬれば 暮るるものとは 知りながら

(下)
なほうらめしき 朝ぼらけかな

式子内親王(しょくしないしんのう)

(上)
玉のをよ たえなばたえね ながらへば

(下)
忍ぶることの 弱りもぞする

道因法師(どういんほうし)

(上)
思ひわび さてもいのちは あるものを

(下)
憂きにたへぬは 涙なりけり