ホーム > 21番~30番, あ行の作者 > 凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)


凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)

凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)の画像

小倉百人一首 029番

(上)
心あてに 折らばや折らむ 初霜の

(下)
置きまどわせる 白菊の花

▼音声

読み
こころあてに おらばやおらむ はつしもの
おきまどわせる しらぎくのはな


現代語訳

初霜のお陰で、何色の菊か分からないけれど、あてずっぽうに折ってみようか?
霜に惑わされず、本当に白菊だったら嬉しいじゃないか。

解釈

清涼な白さと秋を思わせる歌


作者とプロフィール

名前:凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)
性別:男性
生没年:未詳
家系も生没年も不詳の人。
身分は低く国司として地方官で一生を終えたが、有名な歌人です。

雑学・豆知識

歌の中の「折らばや折らむ」の正確な解釈が未だに不明です。
正岡子規がこの歌を、嘘が大げさすぎる、和歌腐敗の原因だ、と批評したことにより、この和歌の価値は随分下がってしまいました。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

紫式部(むらさきしきぶ)

(上)
めぐりあひて 見しやそれとも 分かぬまに

(下)
雲がくれにし 夜半の月かな

源宗于朝臣(みなもとのむねゆきのあそん)

(上)
山里は 冬ぞさびしさ まさりける

(下)
人目も草も かれぬと思へば

光孝天皇(こうこうてんのう)

(上)
君がため 春の野に出でて 若菜つむ

(下)
わが衣手に 雪は振りつつ

柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)

(上)
あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の

(下)
ながながし夜を ひとりかも寝む

周防内侍(すおうのないし)

(上)
春の夜の 夢ばかりなる 手枕に

(下)
かひなく立たむ 名こそ惜しけれ

権中納言定家(ごんちゅうなごんていか)

(上)
こぬ人を まつほの浦の 夕なぎに

(下)
焼くやもしほの 身もこがれつつ