ホーム > 31番~40番, は行の作者 > 春道列樹(はるみちのつらき)


春道列樹(はるみちのつらき)

春道列樹(はるみちのつらき)の画像

小倉百人一首 032番

(上)
山川に 風のかけたる しがらみは

(下)
流れもあへぬ 紅葉なりけり

▼音声

読み
やまがわに かぜのかけたる しがらみは
ながれもあえぬ もみじなりけり


現代語訳

山奥にある川の水をせき止めるしがらみは、風によって集められた紅葉が流されずに散り積もった塊なのですね。

解釈

川と風と紅葉の結びつきを詠った秋下の歌


作者とプロフィール

名前:春道列樹(はるみちのつらき)
性別:男性
生没年:?~920年
経歴の殆どが不明の人物です。
史記や漢文を教える大学寮の教官や、地方国司を勤めたのではないかといわれています。

雑学・豆知識

志賀の山越の際に詠んだ歌です。
歌の中にでてくる『しがらみ』とは、川の流れを優しくするために、杭や石を並べて水の勢いを弱める為に作るものです。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

皇嘉門院別当(こうかもんいんのべっとう)

(上)
難波江の 葦のかりねの ひとよゆゑ

(下)
みをつくしてや 恋ひわたるべき

源兼昌(みなもとのかねまさ)

(上)
淡路島 かよふ千鳥の 鳴く声に

(下)
幾夜ねざめぬ 須磨の関守

清原深養父(きよはらのふかやぶ)

(上)
夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを

(下)
雲のいずこに 月やどるらむ

天智天皇(てんじてんのう)

(上)
秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ

(下)
わが衣手は 露にぬれつつ

権中納言敦忠(ごんちゅうなごんあつただ)

(上)
逢いみての のちの心にくらぶれば

(下)
昔はものを 思わざりけり

素性法師(そせいほうし)

(上)
いま来むと 言ひしばかりに 長月の

(下)
有明の月を 待ちいでつるかな