ホーム > 31番~40番, は行の作者 > 藤原興風(ふじわらのおきかぜ)


藤原興風(ふじわらのおきかぜ)

藤原興風(ふじわらのおきかぜ)の画像

小倉百人一首 034番

(上)
誰をかも 知る人にせむ 高砂の

(下)
松も昔の 友ならなくに

▼音声

読み
たれをかも しるひとにせむ たかさごの
まつもむかしの ともならなくに


現代語訳

昔からの友人は、誰も彼も亡くなってしまった。
高砂の松は、昔から知ってはいるが友人とは呼べないからね。

解釈

自分の人生を振り返る歌


作者とプロフィール

名前:藤原興風(ふじわらのおきかぜ)
性別:男性
生没年:不詳
藤原浜成の曾孫で藤原道成の子。
歌人だけでなく、弾琴の名手で師でもあります。

雑学・豆知識

高砂とは、現在の兵庫県高砂市から加古川市あたりの海岸のことです。
高砂に生える松は長寿とされていました。
しかし現在では、工場地帯になっており松はありません。
この歌が詠まれた時代は、無常観というものがなく、老いの為の悲しさを現した歌ではないとされています。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

皇太后宮大夫俊成(こうたいごうぐうのだいぶしゅんぜい)

(上)
世の中よ 道こそなけれ 思ひける

(下)
山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる

三条院(さんじょうのいん)

(上)
心にも あらでうき世に ながらへば

(下)
恋しかるべき 夜半の月かな

大納言公任(だいなごんきんとう)

(上)
滝の音は 絶えて久しく なりぬれど

(下)
名こそ流れて なほ聞こえけれ

謙徳公(けんとくこう)

(上)
あわれとも いふべき人は 思ほえで

(下)
身のいたづらに なりぬべきかな

式子内親王(しょくしないしんのう)

(上)
玉のをよ たえなばたえね ながらへば

(下)
忍ぶることの 弱りもぞする

藤原基俊(ふじわらのもととし)

(上)
契りおきし させもが露を いのちにて

(下)
あはれ今年の 秋もいぬめり