ホーム > 31番~40番, か行の作者 > 紀貫之(きのつらゆき)


紀貫之(きのつらゆき)

紀貫之(きのつらゆき)の画像

小倉百人一首 035番

(上)
人はいさ 心も知らず ふるさとは

(下)
花ぞ昔の 香ににほひける

▼音声

読み
ひとはいさ こころもしらず ふるさとは
はなぞむかしの かににおいける


現代語訳

貴方の心の中は分かりませんが、昔なじみの土地では、梅の花だけは昔と変わることなく、よい香りで私を迎えてくれるのです。

解釈

変わるものと変わらないものを詠った春の歌


作者とプロフィール

名前:紀貫之(きのつらゆき)
性別:男性
生没年:868~945年
紀望行の子。
「古今集」の選者の一人であり、「土佐日記」の作者でもあります。

雑学・豆知識

紀貫之が、長谷寺にしばしば参る際に寄っていた家がありました。
その家に、久しぶりに訪れた際、家人が「ずっと家はここにあるのに久しぶりにお見えになりましたね」と言われた際に返した歌です。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

猿丸大夫(さるまるたゆう)

(上)
奥山に 紅葉ふみわけ 鳴く鹿の

(下)
声きくときぞ 秋はかなしき

相模(さがみ)

(上)
恨みわび ほさぬ袖だに あるものを

(下)
恋にくちなむ 名こそ惜しけれ

紀友則(きのとものり)

(上)
ひさかたの 光のどけき 春の日に

(下)
静心なく 花の散るらむ

貞信公(ていしんこう)

(上)
小倉山 峰のもみぢ葉 こころあらば

(下)
今ひとたびの みゆき待たなむ

中納言兼輔(ちゅうなごんかねすけ)

(上)
みかの原 わきて流るる いづみ川

(下)
いつみきとてか 恋しかるらむ

赤染衛門(あかぞめえもん)

(上)
やすらはで 寝なましものを さ夜更けて

(下)
かたぶくまでの 月を見しかな