ホーム > 31番~40番, は行の作者 > 文屋朝康(ふんやのあさやす)


文屋朝康(ふんやのあさやす)

文屋朝康(ふんやのあさやす)の画像

小倉百人一首 037番

(上)
白露に 風の吹きしく 秋の野は

(下)
つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける

▼音声

読み
しらつゆに かぜのふきしく あきののは
つらぬきとめぬ たまぞちりける


現代語訳

白露が溜まっている秋の野に、風が吹くと、露がぱらぱらと零れ落ちていく。
その姿はまるで、水晶の球が零れ落ちているようだ。

解釈

露珠の美しさを詠った秋の歌


作者とプロフィール

名前:文屋朝康(ふんやのあさやす)
性別:男性
生没年:不詳
文屋康秀の子。
902年に大舎人大允となったが、それ以外の事は不明の人物。

雑学・豆知識

白露は白い玉の事で、水晶や真珠のことを指します。
この時代、露の美しさは人々の心を突き、露を珠に見立てた歌が無数といってもいいほど存在しているようです。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

清原元輔(きよはらのもとすけ)

(上)
契りきな かたみに袖を しぼりつつ

(下)
末の松山 波越さじとは

前大僧正行尊(さきのだいそうじょうぎょうそん)

(上)
もろともに あはれと思へ 山桜

(下)
花よりほかに 知る人もなし

殷富門院大輔(いんぶもんいんのたいふ)

(上)
見せやばな 雄島のあまの 袖だにも

(下)
濡れにぞ濡れし 色は変はらず

素性法師(そせいほうし)

(上)
いま来むと 言ひしばかりに 長月の

(下)
有明の月を 待ちいでつるかな

皇太后宮大夫俊成(こうたいごうぐうのだいぶしゅんぜい)

(上)
世の中よ 道こそなけれ 思ひける

(下)
山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる

藤原興風(ふじわらのおきかぜ)

(上)
誰をかも 知る人にせむ 高砂の

(下)
松も昔の 友ならなくに