ホーム > 31番~40番, あ行の作者 > 右近(うこん)


右近(うこん)

右近(うこん)の画像

小倉百人一首 038番

(上)
忘れらるる 身をば思わず 誓いてし

(下)
人の命の 惜しくもあるかな

▼音声

読み
わすらるる みをばおもわず ちかいてし
ひとのいのちの おしくもあるかな


現代語訳

忘れられてしまう私のこの身は構わないのですが、誓いを破った事で神への天罰が下る貴方の命はとても惜しく感じられます。

解釈

別れた人を案じる恋の歌


作者とプロフィール

名前:右近(うこん)
性別:女性
生没年:不詳
右近少将季縄の娘で、後醍醐天皇の皇后穏子の女官を務めていました。
藤原師輔や三条朝忠などと交流があり、恋多き女性だったようです。

雑学・豆知識

この歌は、別れた相手の命を惜しむ歌と、天罰が当たって当然だとの二つの解釈に分かれるようです。
天罰かどうかは分かりませんが、相手の藤原敦忠は、38歳という若さで亡くなっています。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

中納言行平(ちゅうなごんゆきひら)

(上)
たち別れ いなばの山の 峰に生ふる

(下)
まつとし聞かば いま帰り来む

小式部内侍(こしきぶのないし)

(上)
大江山 いく野の道の 遠ければ

(下)
まだふみも見ず 天の橋立

山部赤人(やまべのあかひと)

(上)
田子の浦に うち出でてみれば 白妙の

(下)
富士の高嶺に 雪は降りつつ

中納言家持(ちゅうなごんやかもち)

(上)かささぎの わたせる橋に おく霜の

(下)しろきを見れば 夜ぞふけにける

前大僧正慈円(さきのだいそうじょうじえん)

(上)
おほけなく うき世の民に おほふかな

(下)
わが立つ杣に すみぞめの袖

藤原清輔朝臣(ふじわらのきよすけのあそん)

(上)
ながらへば またこのごろや しのばれむ

(下)
憂しと見し世ぞ 今は恋しき