ホーム > 31番~40番, さ行の作者 > 参議等(さんぎひとし)


参議等(さんぎひとし)

参議等(さんぎひとし)の画像

小倉百人一首 039番

(上)
浅茅生の 小野の篠原 しのぶれど

(下)
あまりてなどか 人の恋しき

▼音声

読み
あさじゅうの おののしのはら しのぶれど
あまりてなどか ひとのこいしき


現代語訳

丈が短い小野の篠原の浅芽ではないですが、忍ぶ恋を我慢していたけれど、どうしてこんなにもあの方が恋しいのでしょうか。

解釈

堪えきれない恋の歌


作者とプロフィール

名前:参議等(さんぎひとし)
性別:男性
生没年:880~951年
中納言源希の子で、947年には参議になるまで出世しましたが、歌人としての経歴は不明な点が多く、残っている歌も4首しかないようです。

雑学・豆知識

歌の中に出てくる浅茅とは、現代のチガヤの事を指します。
チガヤのつぼみは食べることができ、ほのかな甘みがあります。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)

(上)
あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の

(下)
ながながし夜を ひとりかも寝む

崇徳院(すとくいん)

(上)
瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の

(下)
われても末に あはむとぞ思う

参議等(さんぎひとし)

(上)
浅茅生の 小野の篠原 しのぶれど

(下)
あまりてなどか 人の恋しき

紀友則(きのとものり)

(上)
ひさかたの 光のどけき 春の日に

(下)
静心なく 花の散るらむ

左京大夫道雅(さきょうだいぶみちまさ)

(上)
今はただ 思ひ絶えなむ とばかりを

(下)
人づてならで 言ふよしもがな

寂連法師(じゃくれんほうし)

(上)
村雨の 露もまだひぬ まきの葉に

(下)
霧たちのぼる 秋の夕暮れ