ホーム > 31番~40番, た行の作者 > 平兼盛(たいらのかねもり)


平兼盛(たいらのかねもり)

平兼盛(たいらのかねもり)の画像

小倉百人一首 040番

(上)
しのぶれど 色に出でにけり わが恋は

(下)
ものや思うと 人の問うまで

▼音声

読み
しのぶれど いろにいでにけり わがこいは
ものやおもうと ひとのとうまで


現代語訳

心に秘めて恋していたのですが、知らない間に顔に出ていたようです。
他の人が「あの人が好きなの?」と問いかけてくるようになってしまいました。

解釈

秘めていた恋の歌


作者とプロフィール

名前:平兼盛(たいらのかねもり)
性別:男性
生没年:?~990年
光孝天皇の子孫で、平篤行の子です。
官位は低く、昇進は出来ませんでしたが、歌人としての才能は若い頃から認められており、「天徳内裏歌合」の勝負は有名です。

雑学・豆知識

百人一首41番とつがわれた歌になります。
「天暦御時歌合」で、接戦の末勝利を収めた平兼盛は、あまりの喜びに、他の勝負の結果を聞かずにさっさと退場してしまったといわれています。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

清少納言(せいしょうなごん)

(上)
夜をこめて 鳥のそらねは はかるとも

(下)
よに逢坂の 関はゆるさじ

清原深養父(きよはらのふかやぶ)

(上)
夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを

(下)
雲のいずこに 月やどるらむ

藤原道信朝臣(ふじわらのみちのぶあそん)

(上)
明けぬれば 暮るるものとは 知りながら

(下)
なほうらめしき 朝ぼらけかな

中納言兼輔(ちゅうなごんかねすけ)

(上)
みかの原 わきて流るる いづみ川

(下)
いつみきとてか 恋しかるらむ

右大将道綱母(うだいしょうみちつなのはは)

(上)
嘆きつつ ひとり寝る夜の 明くるまは

(下)
いかに久しき ものとかは知る

待賢門院堀川(たいけんもんいんのほりかわ)

(上)
長からむ 心も知らず 黒髪の

(下)
乱れてけさは 物をこそ思へ