ホーム > 41番~50番, ま行の作者 > 壬生忠見(みぶのただみ)


壬生忠見(みぶのただみ)

壬生忠見(みぶのただみ)の画像

小倉百人一首 041番

(上)
恋すてふ  わが名はまだき 立ちにけり

(下)
人知れずこそ 思ひそめしか

▼音声

読み
こいすてふ わがなはまだき たちにけり
ひとしれずこそ おもいそめしか


現代語訳

私が恋をしているという噂が早くもたってしまった。
誰にも知られないように、ひそかに思い始めたばかりなのに。

解釈

忍ぶ恋


作者とプロフィール

名前:壬生忠見(みぶのただみ)
性別:男性
生没年:不詳
壬生忠岑の子です。
官位はとても低かったのですが、歌人としては有名で、多くの歌合に出席して活躍していたようです。

雑学・豆知識

百人一首の40番と、歌合で競われた歌です。
勝負には敗れましたが、甲乙つけがたい接戦でした。
この闘いで敗れたショックで、壬生忠見が亡くなったという一説もありますが、実際はその後も活躍していたようです。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

参議雅経(さんぎまさつね)

(上)
み吉野の 山の秋風 さ夜ふけて

(下)
ふるさと寒く 衣うつなり

右近(うこん)

(上)
忘れらるる 身をば思わず 誓いてし

(下)
人の命の 惜しくもあるかな

河原左大臣(かわらのさだいじん)

(上)
みちのくの しのぶもぢずり たれ故に

(下)
乱れそめにし われならなくに

藤原実方朝臣(ふじわらのさねかたのあそん)

(上)
かくとだに えやはいぶきの さしも草

(下)
さしも知らじな 燃ゆる思ひを

皇嘉門院別当(こうかもんいんのべっとう)

(上)
難波江の 葦のかりねの ひとよゆゑ

(下)
みをつくしてや 恋ひわたるべき

祐子内親王家紀伊(ゆうしないしんのうけのきい)

(上)
音にきく たかしの浜の あだ波は

(下)
かけじや袖の ぬれもこそすれ