ホーム > 41番~50番, か行の作者 > 清原元輔(きよはらのもとすけ)


清原元輔(きよはらのもとすけ)

清原元輔(きよはらのもとすけ)の画像

小倉百人一首 042番

(上)
契りきな かたみに袖を しぼりつつ

(下)
末の松山 波越さじとは

▼音声

読み
ちぎりきな かたみにそでを しぼりつつ
すえのまつやま なみこさじとは


現代語訳

約束しましたよね、互いの涙で袖を濡らしながら。
高い松山が海の波に呑まれないように、私達の愛も永遠に変わらないと。

解釈

心変わりの女に対しての歌


作者とプロフィール

名前:清原元輔(きよはらのもとすけ)
性別:男性
生没年:908~990年
清原深養父の孫で、清少納言の父です。
「万葉集」の訓読みに携わりました。
歌が認められて、出世しました。

雑学・豆知識

歌の中の松の松山とは、歌枕では有名なものです。
場所については、現在の宮城県多賀城市八幡近辺、もしくは岩手県二戸郡一戸町付近という、二つの説があります。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

安部仲麿(あべのなかまろ)

(上)天の原 ふりさけ見れば 春日なる

(下)三笠の山に 出でし月かも

源宗于朝臣(みなもとのむねゆきのあそん)

(上)
山里は 冬ぞさびしさ まさりける

(下)
人目も草も かれぬと思へば

貞信公(ていしんこう)

(上)
小倉山 峰のもみぢ葉 こころあらば

(下)
今ひとたびの みゆき待たなむ

小式部内侍(こしきぶのないし)

(上)
大江山 いく野の道の 遠ければ

(下)
まだふみも見ず 天の橋立

前大僧正行尊(さきのだいそうじょうぎょうそん)

(上)
もろともに あはれと思へ 山桜

(下)
花よりほかに 知る人もなし

参議篁(さんぎたかむら)

(上)
わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと

(下)
人には告げよ 海人のつり舟