ホーム > 41番~50番, か行の作者 > 権中納言敦忠(ごんちゅうなごんあつただ)


権中納言敦忠(ごんちゅうなごんあつただ)

権中納言敦忠(ごんちゅうなごんあつただ)の画像

小倉百人一首 043番

(上)
逢いみての のちの心にくらぶれば

(下)
昔はものを 思わざりけり

▼音声

読み
あいみての のちのこころに くらぶれば
むかしはものを おもわざりけり


現代語訳

逢瀬をとげたその後の気持ちよりも、昔はただ逢いたいと考えていただけであったので、昔の恋の悩みは今にしてみれば気楽なものだなぁ。

解釈

恋の悩みの歌


作者とプロフィール

名前:権中納言敦忠(ごんちゅうなごんあつただ)
性別:男性
生没年:906~943年
藤原時平の三男で、左近の元恋人といわれています。
性格もよく美男で、和歌や管弦も堪能でした。

雑学・豆知識

百人一首38番の左近が詠った相手とは、この権中納言敦忠です。
この歌の相手は不明ですが、左近ではないかという説が有力のようです。
初めて契った相手の家から帰った翌朝に贈った歌です。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

大納言公任(だいなごんきんとう)

(上)
滝の音は 絶えて久しく なりぬれど

(下)
名こそ流れて なほ聞こえけれ

皇太后宮大夫俊成(こうたいごうぐうのだいぶしゅんぜい)

(上)
世の中よ 道こそなけれ 思ひける

(下)
山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる

鎌倉右大臣(かまくらのうだいじん)

(上)
世の中は つねにもがもな 渚こぐ

(下)
あまの小舟の 綱手かなしも

相模(さがみ)

(上)
恨みわび ほさぬ袖だに あるものを

(下)
恋にくちなむ 名こそ惜しけれ

壬生忠見(みぶのただみ)

(上)
恋すてふ  わが名はまだき 立ちにけり

(下)
人知れずこそ 思ひそめしか

藤原興風(ふじわらのおきかぜ)

(上)
誰をかも 知る人にせむ 高砂の

(下)
松も昔の 友ならなくに