ホーム > 41番~50番, た行の作者 > 中納言朝忠(ちゅうなごんあさただ)


中納言朝忠(ちゅうなごんあさただ)

中納言朝忠(ちゅうなごんあさただ)の画像

小倉百人一首 044番

(上)
逢うことの 絶えてしなくは なかなかに

(下)
人をも身をも 恨みざらまし

▼音声

読み
あうことの たえてしなくは なかなかに
ひとをもみをも うらみざらまし


現代語訳

貴方に会うことが二度となければ、貴方のつれない行動や、自分の情けない行動や思い、恨みなどもなかったでしょうに・・・。

解釈

終わった恋の歌


作者とプロフィール

名前:中納言朝忠(ちゅうなごんあさただ)
性別:男性
生没年:910~966年
三条右大臣定方の五男で、笙(和楽器の一種の横笛です)の名人であり、歌人としても安定していました。
かなりの巨漢で、そのことを気にしてダイエットをしたにもかかわらず、結局成功しなかったそうです。

雑学・豆知識

歌の題が「恋」にも関わらず、歌の中に「恋」という言葉が一言も出てこないということで有名な歌です。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

権中納言匡房(ごんちゅうなごんまさふさ)

(上)
高砂の をのへの桜 咲きにけり

(下)
外山のかすみ 立たずもあらなむ

坂上是則(さかのうえのこれのり)

(上)
朝ぼらけ 有明の月と みるまでに

(下)
吉野の里に ふれる白雪

前大僧正行尊(さきのだいそうじょうぎょうそん)

(上)
もろともに あはれと思へ 山桜

(下)
花よりほかに 知る人もなし

喜撰法師(きせんほうし)

(上)
わが庵は 都のたつみ しかぞすむ

(下)
世をうぢ山と ひとはいふなり

天智天皇(てんじてんのう)

(上)
秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ

(下)
わが衣手は 露にぬれつつ

崇徳院(すとくいん)

(上)
瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の

(下)
われても末に あはむとぞ思う