ホーム > 41番~50番, か行の作者 > 謙徳公(けんとくこう)


謙徳公(けんとくこう)

謙徳公(けんとくこう)の画像

小倉百人一首 045番

(上)
あわれとも いふべき人は 思ほえで

(下)
身のいたづらに なりぬべきかな

▼音声

読み
あわれとも いうべきひとは おもおえで
みのいたずらに なりぬべきかな


現代語訳

私のことを哀れだと思ってくれるような人はもういない。
私はきっと一人で空しく死んでしまうのでしょう。

解釈

未練が残る恋の歌


作者とプロフィール

名前:謙徳公(けんとくこう)
性別:男性
生没年:924~972年
藤原師輔の子で、本名は藤原伊尹です。
財力、容姿、名声すべてを持っていた人です。
派手好みであったため、父親が心配して遺言で「倹約しろ」と言い残したほどです。

雑学・豆知識

作者の経歴と歌の内容が一致せず、想像するのが難しいですが、この歌は、つれなくなった恋人に手紙を何度も出しても返事が来ないことを詠ったものといわれています。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

参議雅経(さんぎまさつね)

(上)
み吉野の 山の秋風 さ夜ふけて

(下)
ふるさと寒く 衣うつなり

藤原基俊(ふじわらのもととし)

(上)
契りおきし させもが露を いのちにて

(下)
あはれ今年の 秋もいぬめり

大納言経信(だいなごんつねのぶ)

(上)
夕されば 門田の稲葉 おとづれて

(下)
葦のまろやに 秋風ぞ吹く

紫式部(むらさきしきぶ)

(上)
めぐりあひて 見しやそれとも 分かぬまに

(下)
雲がくれにし 夜半の月かな

天智天皇(てんじてんのう)

(上)
秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ

(下)
わが衣手は 露にぬれつつ

大納言公任(だいなごんきんとう)

(上)
滝の音は 絶えて久しく なりぬれど

(下)
名こそ流れて なほ聞こえけれ