ホーム > 41番~50番, さ行の作者 > 曽禰好忠(そねのよしただ)


曽禰好忠(そねのよしただ)

曽禰好忠(そねのよしただ)の画像

小倉百人一首 046番

(上)
由良のとを 渡る船人 かじをたえ

(下)
行くえも知らぬ 恋の道かな

▼音声

読み
ゆらのとを わたるふなびと かじをたえ
ゆくえもしらぬ こいのみちかな


現代語訳

由良海峡を渡る舟が、舵をなくしゆらゆらとさ迷うように、私の恋の成り行きも行方をなくし、さまよっているようだ。

解釈

恋の生末が不安な歌


作者とプロフィール

名前:曽禰好忠(そねのよしただ)
性別:男性
生没年:不詳
平安中期の歌人だという事は分かっていますが、その他の事はあまりよく分かっていません。
生前はあまり評価されていませんでしたが、死後高く評価されるようになりました。

雑学・豆知識

「由良のと」とは、現代の和歌山県の紀淡海峡の事を指しており、有名な枕歌の一つです。
「と」は門と書き、海峡の事を指します。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

小式部内侍(こしきぶのないし)

(上)
大江山 いく野の道の 遠ければ

(下)
まだふみも見ず 天の橋立

俊恵法師(しゅんえほうし)

(上)
夜もすがら 物思ふころは 明けやらで

(下)
閨のひまさへ つれなかりけり

右大将道綱母(うだいしょうみちつなのはは)

(上)
嘆きつつ ひとり寝る夜の 明くるまは

(下)
いかに久しき ものとかは知る

光孝天皇(こうこうてんのう)

(上)
君がため 春の野に出でて 若菜つむ

(下)
わが衣手に 雪は振りつつ

参議雅経(さんぎまさつね)

(上)
み吉野の 山の秋風 さ夜ふけて

(下)
ふるさと寒く 衣うつなり

恵慶法師(えぎょうほうし)

(上)
八重葎 しげれる宿の さびしきに

(下)
人こそ見えね 秋は来にけり