ホーム > 41番~50番, あ行の作者 > 恵慶法師(えぎょうほうし)


恵慶法師(えぎょうほうし)

恵慶法師(えぎょうほうし)の画像

小倉百人一首 047番

(上)
八重葎 しげれる宿の さびしきに

(下)
人こそ見えね 秋は来にけり

▼音声

読み
やえむぐら しげれるやどの さびしきに
ひとこそみえね あきはきにけり


現代語訳

幾重にも重なったつる草が囲む家に訪れる人はいないが、秋だけは相変わらずやってくる。

解釈

秋が来るという歌


作者とプロフィール

名前:恵慶法師(えぎょうほうし)
性別:男性
生没年:不詳
兵庫の国分寺講師を務めた人物ですが、俗姓や系譜、生没年など詳しいことは不明の人物です。
幅広い貴族達との付き合いがあったようです。

雑学・豆知識

八重むぐらとは、つる科の雑草の総称です。
この歌は秋の歌ですが、本来、八重むぐらは夏の季語として使用されることが多いです。
「河原院」という豪華で有名な屋敷が、荒れ果てた姿を見て哀れに思い、詠んだ歌です。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)

(上)
あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の

(下)
ながながし夜を ひとりかも寝む

中納言朝忠(ちゅうなごんあさただ)

(上)
逢うことの 絶えてしなくは なかなかに

(下)
人をも身をも 恨みざらまし

参議等(さんぎひとし)

(上)
浅茅生の 小野の篠原 しのぶれど

(下)
あまりてなどか 人の恋しき

清原元輔(きよはらのもとすけ)

(上)
契りきな かたみに袖を しぼりつつ

(下)
末の松山 波越さじとは

河原左大臣(かわらのさだいじん)

(上)
みちのくの しのぶもぢずり たれ故に

(下)
乱れそめにし われならなくに

平兼盛(たいらのかねもり)

(上)
しのぶれど 色に出でにけり わが恋は

(下)
ものや思うと 人の問うまで