ホーム > 41番~50番, ま行の作者 > 源重之(みなもとのしげゆき)


源重之(みなもとのしげゆき)

源重之(みなもとのしげゆき)の画像

小倉百人一首 048番

(上)
風をいたみ 岩うつ波の おのれのみ

(下)
くだけてものを 思うころかな

▼音声

読み
かぜをいたみ いわうつなみの おのれのみ
くだけてものを おもうころかな


現代語訳

風が激しいので、波が自然に岩で砕けるように、私の心も砕けるように悩み苦しんでいます。

解釈

自分の恋の苦しみを波に例えた歌


作者とプロフィール

名前:源重之(みなもとのしげゆき)
性別:男性
生没年:?~1000年頃
源兼信の子ですが、のちに源兼信の兄の源兼忠の養子となりました。
三十六歌仙の一人で、百首歌は源重之により始まるといわれています。

雑学・豆知識

冷泉院が東宮の時に「恋」の歌として献上したものですので、岩は片思いの相手の女性として解釈することが出来ます。
また、「伊勢集」の中の歌の本歌取りではないかともいわれています。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

皇太后宮大夫俊成(こうたいごうぐうのだいぶしゅんぜい)

(上)
世の中よ 道こそなけれ 思ひける

(下)
山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる

前大僧正慈円(さきのだいそうじょうじえん)

(上)
おほけなく うき世の民に おほふかな

(下)
わが立つ杣に すみぞめの袖

参議等(さんぎひとし)

(上)
浅茅生の 小野の篠原 しのぶれど

(下)
あまりてなどか 人の恋しき

能因法師(のういんほうし)

(上)
あらし吹く み室の山の もみぢ葉は

(下)
竜田の川の 錦なりけり

伊勢大輔(いせのたいふ)

(上)
いにしへの 奈良の都の 八重桜

(下)
けふ九重に にほひぬるかな

左京大夫顕輔(さきょうのだいぶあきすけ)

(上)
秋風に たびなく雲の たえ間より

(下)
もれ出づる月の かげのさやけさ