ホーム > 41番~50番, あ行の作者 > 大中臣能宣朝臣(おおなかとみのよしのぶ)


大中臣能宣朝臣(おおなかとみのよしのぶ)

大中臣能宣朝臣(おおなかとみのよしのぶ)の画像

小倉百人一首 049番

(上)
みかきもり 衛士のたく火の 夜は燃えて

(下)
昼は消えつつ ものをこそ思へ

▼音声

読み
みかきもり えじのたくひの よるはもえて
ひるはきえつつ ものをこそおもえ


現代語訳

御垣守が焚いている火のように、夜は燃えて、昼はわが身が消えてしまうのではないかと思うほど、思い悩んでいます。

解釈

炎と自分の心を重ねた恋の歌


作者とプロフィール

名前:大中臣能宣朝臣(おおなかとみのよしのぶ)
性別:男性
生没年:921~991年
大中頼基の子で、父子三代が祭主という家柄です。
「万葉集」の訓読、「後撰集」の選集に携わりました。

雑学・豆知識

この歌は、作者不明という説もあります。
この時代の夜は今と違い、暗闇が当たり前で、御垣守が火を焚いているというのは、かなりの裕福な家でなければ無理でした。
ですので、暗闇の中で燃える火は凄い印象に残るはずで、それほど激しく恋焦がれていたととれます。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

良暹法師(りょうぜんほうし)

(上)
さびしさに 宿をたち出でて ながむれば

(下)
いづこも同じ 秋の夕暮れ

道因法師(どういんほうし)

(上)
思ひわび さてもいのちは あるものを

(下)
憂きにたへぬは 涙なりけり

右大将道綱母(うだいしょうみちつなのはは)

(上)
嘆きつつ ひとり寝る夜の 明くるまは

(下)
いかに久しき ものとかは知る

壬生忠見(みぶのただみ)

(上)
恋すてふ  わが名はまだき 立ちにけり

(下)
人知れずこそ 思ひそめしか

猿丸大夫(さるまるたゆう)

(上)
奥山に 紅葉ふみわけ 鳴く鹿の

(下)
声きくときぞ 秋はかなしき

春道列樹(はるみちのつらき)

(上)
山川に 風のかけたる しがらみは

(下)
流れもあへぬ 紅葉なりけり