ホーム > 41番~50番, は行の作者 > 藤原義孝(ふじわらのよしたか)


藤原義孝(ふじわらのよしたか)

藤原義孝(ふじわらのよしたか)の画像

小倉百人一首 050番

(上)
君がため 惜しからざりし 命さえ

(下)
長くもがなと 思いけるかな

▼音声

読み
きみがため おしからざりし いのちさえ
ながくもがなと おもいけるかな


現代語訳

貴方の為ならば惜しくもないと考えていたこの命だけれども、貴方との恋が成就すると、長生きしてこの恋を永遠に続けたいと思うよ。

解釈

後朝の歌


作者とプロフィール

名前:藤原義孝(ふじわらのよしたか)
性別:男性
生没年:954~974年
藤原伊尹の子で、能書家として有名な、藤原行成の父です。
ハンサムで誠実な性格で、兄の挙賢と義孝兄弟は「花を折り給ひしきんだち君達」と評されるほどでした。
しかし、実際のところ兄弟仲はあまりよくなかったようです。

雑学・豆知識

歌の中では長生きしたいと詠っていますが、作者本人は21歳の若さで天然痘により亡くなっています。
また、兄の挙賢も同じ日に天然痘で亡くなりました。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

三条院(さんじょうのいん)

(上)
心にも あらでうき世に ながらへば

(下)
恋しかるべき 夜半の月かな

藤原義孝(ふじわらのよしたか)

(上)
君がため 惜しからざりし 命さえ

(下)
長くもがなと 思いけるかな

後鳥羽院(ごとばのいん)

(上)
人も惜し 人も恨めし あぢきなく

(下)
世を思ふゆゑに 物思ふ身は

藤原基俊(ふじわらのもととし)

(上)
契りおきし させもが露を いのちにて

(下)
あはれ今年の 秋もいぬめり

伊勢(いせ)

(上)
難波潟 みじかき芦の ふしの間も

(下)
逢はでこの世を すぐしてよとや

藤原興風(ふじわらのおきかぜ)

(上)
誰をかも 知る人にせむ 高砂の

(下)
松も昔の 友ならなくに