ホーム > 51番~60番, は行の作者 > 藤原実方朝臣(ふじわらのさねかたのあそん)


藤原実方朝臣(ふじわらのさねかたのあそん)

藤原実方朝臣(ふじわらのさねかたのあそん)の画像

小倉百人一首 051番

(上)
かくとだに えやはいぶきの さしも草

(下)
さしも知らじな 燃ゆる思ひを

▼音声

読み
かくどたに えやはいぶきの さしもぐさ
さしもしらじな もゆるおもいを


現代語訳

こんなに私が恋い慕っているという事を貴方に伝えたいのですが、とても言えません。
伊吹山のもぐさを焼いたように燻っている私の心を、貴方は少しも知らないのでしょうね。

解釈

胸にしまっている切ない恋心を伝える歌


作者とプロフィール

作者:藤原実方朝臣(ふじわらのさねかたのあそん)
性別:男性
生没年:?~998年
藤原定時の子で、藤原定時の弟の養子になりました。
若い頃は出世頭でしたが、藤原行成との口論が原因で、田舎に左遷させられてしまいました。

雑学・豆知識

「いぶ」とは、現代の滋賀・岐阜の県境にある伊吹山だといわれています。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

藤原基俊(ふじわらのもととし)

(上)
契りおきし させもが露を いのちにて

(下)
あはれ今年の 秋もいぬめり

小野小町(おののこまち)

(上)
花の色は 移りにけりな いたづらに

(下)
わが身世にふる ながめせし間に

伊勢(いせ)

(上)
難波潟 みじかき芦の ふしの間も

(下)
逢はでこの世を すぐしてよとや

文屋康秀(ふんやのやすひで)

(上)
吹くからに 秋の草木の しをるれば

(下)
むべ山風を 嵐といふらむ

喜撰法師(きせんほうし)

(上)
わが庵は 都のたつみ しかぞすむ

(下)
世をうぢ山と ひとはいふなり

元良親王(もとよししんのう)

(上)
わびぬれば 今はたおなじ 難波なる

(下)
みをつくしても 逢はむとぞ思ふ