ホーム > 51番~60番, あ行の作者 > 右大将道綱母(うだいしょうみちつなのはは)


右大将道綱母(うだいしょうみちつなのはは)

右大将道綱母(うだいしょうみちつなのはは)の画像

小倉百人一首 053番

(上)
嘆きつつ ひとり寝る夜の 明くるまは

(下)
いかに久しき ものとかは知る

▼音声

読み
なげきつつ ひとりぬるよの あくるまは
いかにひさしき ものとかはしる


現代語訳

嘆きながら一人で寝る時、夜が明けるまでの時間が長いことを、貴方は知っているのでしょうか?
いや、知らないのでしょうね。

解釈

一人で寝る夜の辛さを詠った歌


作者とプロフィール

名前:右大将道綱母(うだいしょうみちつなのはは)
性別:女性
生没年:937~995年
伊勢守藤原倫寧の子。
藤原兼家の側室で、結婚生活を描いた「蜻蛉日記」の著者です。

雑学・豆知識

藤原兼家が、他の女性の所へ通うばかりで、作者の元へやってこない時期がありました。
久しぶりに訪れた藤原兼家を、暫く門の前で待たせて、その間に詠んで贈った歌だといわれています。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

貞信公(ていしんこう)

(上)
小倉山 峰のもみぢ葉 こころあらば

(下)
今ひとたびの みゆき待たなむ

参議篁(さんぎたかむら)

(上)
わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと

(下)
人には告げよ 海人のつり舟

大納言公任(だいなごんきんとう)

(上)
滝の音は 絶えて久しく なりぬれど

(下)
名こそ流れて なほ聞こえけれ

入道前太政大臣(にゅうどうさきのだいじょうだいじん)

(上)
花さそふ 嵐の庭の 雪ならで

(下)
ふりゆくものは わが身なりけり

道因法師(どういんほうし)

(上)
思ひわび さてもいのちは あるものを

(下)
憂きにたへぬは 涙なりけり

二条院讃岐(にじょういんのさぬき)

(上)
わが袖は 潮干に見えぬ 沖の石の

(下)
人こそ知らね 乾くまもなし