ホーム > 51番~60番, か行の作者 > 儀同三司母(ぎどうさんしのはは)


儀同三司母(ぎどうさんしのはは)

儀同三司母(ぎどうさんしのはは)の画像

小倉百人一首 054番

(上)
忘れじの 行く末までは かたければ

(下)
今日かぎりの 命ともがな

▼音声

読み
わすれじの ゆくすえまでは かたければ
きょうかぎりの いのちともがな


現代語訳

いつまでもこの恋を忘れないと言われますが、それを実行するのはとても難しい事のようですから、この幸せな状態のまま命がなくなってしまえばいいと思います。

解釈

幸せな時間を止めてしまいたいと願う恋の歌


作者とプロフィール

名前:儀同三司母(ぎどうさんしのはは)
性別:女性
生没年:?~996年
高階成忠の子で、藤原道隆の妻です。
名前は高階貴子で、晩年に出家しました。
和歌だけでなく、漢詩文にも長けていたようです。

雑学・豆知識

この歌は、藤原道隆が自分の元へ通い始めた、初期の頃の歌です。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

伊勢(いせ)

(上)
難波潟 みじかき芦の ふしの間も

(下)
逢はでこの世を すぐしてよとや

中納言朝忠(ちゅうなごんあさただ)

(上)
逢うことの 絶えてしなくは なかなかに

(下)
人をも身をも 恨みざらまし

和泉式部(いずみしきぶ)

(上)
あらざらむ この世のほかの 思ひ出に

(下)
今ひとたびの 逢ふこともがな

大中臣能宣朝臣(おおなかとみのよしのぶ)

(上)
みかきもり 衛士のたく火の 夜は燃えて

(下)
昼は消えつつ ものをこそ思へ

皇太后宮大夫俊成(こうたいごうぐうのだいぶしゅんぜい)

(上)
世の中よ 道こそなけれ 思ひける

(下)
山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる

崇徳院(すとくいん)

(上)
瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の

(下)
われても末に あはむとぞ思う