ホーム > 51番~60番, あ行の作者 > 和泉式部(いずみしきぶ)


和泉式部(いずみしきぶ)

和泉式部(いずみしきぶ)の画像

小倉百人一首 056番

(上)
あらざらむ この世のほかの 思ひ出に

(下)
今ひとたびの 逢ふこともがな

▼音声

読み
あらざらん このよのほかの おもいでに
いまひとたびの あうこともがな


現代語訳

私は病によって、もう少しで死んでしまうでしょう。
あの世に持っていく思い出として、もう一度貴方と逢いたいです。

解釈

この世の思い出としてもう一度逢いたいと願う恋の歌


作者とプロフィール

名前:和泉式部(いずみしきぶ)
性別:女性
生没年:976~?年
越前守大江雅致の子です。
和泉守橘道貞と結婚し離婚、道親王と恋愛し、その後藤原保昌の妻となりました。

雑学・豆知識

病気の時に、好きな相手に贈った歌です。
相手は不明なので、あえて相手を指定していない歌ではないかという説もあります。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

入道前太政大臣(にゅうどうさきのだいじょうだいじん)

(上)
花さそふ 嵐の庭の 雪ならで

(下)
ふりゆくものは わが身なりけり

儀同三司母(ぎどうさんしのはは)

(上)
忘れじの 行く末までは かたければ

(下)
今日かぎりの 命ともがな

権中納言定頼(ごんちゅうなごんさだより)

(上)
朝ぼらけ 宇治の川霧 たえだえに

(下)
あらはれわたる 瀬々の網代木

春道列樹(はるみちのつらき)

(上)
山川に 風のかけたる しがらみは

(下)
流れもあへぬ 紅葉なりけり

文屋康秀(ふんやのやすひで)

(上)
吹くからに 秋の草木の しをるれば

(下)
むべ山風を 嵐といふらむ

良暹法師(りょうぜんほうし)

(上)
さびしさに 宿をたち出でて ながむれば

(下)
いづこも同じ 秋の夕暮れ