ホーム > 51番~60番, た行の作者 > 大弐三位(だいにのさんみ)


大弐三位(だいにのさんみ)

大弐三位(だいにのさんみ)の画像

小倉百人一首 058番

(上)
ありま山 ゐなの笹原 風吹けば

(下)
いでそよ人を 忘れやはする

▼音声

読み
ありまやま いなのささはら かぜふけば
いでそよひとを わすれやはする


現代語訳

有馬山の笹は、風が吹けば貴方の様にそよそよと音をたてている。
さぁそのことですよ?
私が貴方を忘れる事などありましょうか。

解釈

つれない人に対して自分の心変わりがない気持ちを伝える歌


作者とプロフィール

名前:大弐三位(だいにのさんみ)
性別:女性
生没年:999~1077年
紫式部の子。
十六歳で身寄りがなくなってしまいましたが、後に藤原定頼や兼隆らと恋愛し子を産み、乳母となりました。

雑学・豆知識

相手の心変わりを詠んだ歌に対して、相手から逆に心変わりを攻められ、切り返しとして詠ったのがこの歌です。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

菅家(かんけ)

(上)
このたびは 幣もとりあえず 手向山

(下)
紅葉の錦 神のまにまに

式子内親王(しょくしないしんのう)

(上)
玉のをよ たえなばたえね ながらへば

(下)
忍ぶることの 弱りもぞする

壬生忠岑(みぶのただみね)

(上)
有明の つれなく見えし 別れより

(下)
あかつきばかり 憂きものはなし

左京大夫顕輔(さきょうのだいぶあきすけ)

(上)
秋風に たびなく雲の たえ間より

(下)
もれ出づる月の かげのさやけさ

清原元輔(きよはらのもとすけ)

(上)
契りきな かたみに袖を しぼりつつ

(下)
末の松山 波越さじとは

伊勢大輔(いせのたいふ)

(上)
いにしへの 奈良の都の 八重桜

(下)
けふ九重に にほひぬるかな