ホーム > 51番~60番, か行の作者 > 小式部内侍(こしきぶのないし)


小式部内侍(こしきぶのないし)

小式部内侍(こしきぶのないし)の画像

小倉百人一首 060番

(上)
大江山 いく野の道の 遠ければ

(下)
まだふみも見ず 天の橋立

▼音声

読み
おおえやま いくののみちの とおければ
まだふみもみず あまのはしだて


現代語訳

大江山を越えて生野を通って行く道が遠いので、まだ天の橋立を踏んだこともなく、母からの文も見ていませんよ。

解釈

母からの手紙をまだ受け取ってないという歌


作者とプロフィール

名前:小式部内侍(こしきぶのないし)
性別:女性
生没年:?~1025年
和泉式部の子で、才色兼備の女性でした。
関白藤原教通、藤原頼宗などに愛され、藤原公成の子を産んで亡くなりました。

雑学・豆知識

若くから歌の才能があったばかりに、母の和泉式部が代作しているのではないかと噂があり、そのことを藤原定頼がからかった際に、切り返した歌だといわれています。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

右大将道綱母(うだいしょうみちつなのはは)

(上)
嘆きつつ ひとり寝る夜の 明くるまは

(下)
いかに久しき ものとかは知る

清少納言(せいしょうなごん)

(上)
夜をこめて 鳥のそらねは はかるとも

(下)
よに逢坂の 関はゆるさじ

中納言行平(ちゅうなごんゆきひら)

(上)
たち別れ いなばの山の 峰に生ふる

(下)
まつとし聞かば いま帰り来む

藤原興風(ふじわらのおきかぜ)

(上)
誰をかも 知る人にせむ 高砂の

(下)
松も昔の 友ならなくに

蝉丸(せみまる)

(上)
これやこの 行くも帰るも わかれては

(下)
しるもしらぬも 逢坂の関

権中納言定家(ごんちゅうなごんていか)

(上)
こぬ人を まつほの浦の 夕なぎに

(下)
焼くやもしほの 身もこがれつつ