ホーム > 61番~70番, あ行の作者 > 伊勢大輔(いせのたいふ)


伊勢大輔(いせのたいふ)

伊勢大輔(いせのたいふ)の画像

小倉百人一首 061番

(上)
いにしへの 奈良の都の 八重桜

(下)
けふ九重に にほひぬるかな

▼音声

読み
いにしえの ならのみやこの やえざくら
きょうここのえに においぬるかな


現代語訳

昔の奈良の都で咲いていた八重桜が、今日九重の宮の中で美しく見事に咲いていますよ。


作者とプロフィール

名前:伊勢大輔(いせのたいふ)
性別:女性
生没年:不詳
大中臣輔親の子で、高階成順の妻にあたります。
紫式部、和泉式部、赤染衛門、源経信など著名な歌人と交流がありました。

雑学・豆知識

奈良から献上品として、京都では見られない八重桜を受け取った際に、即興で作った歌です。
本当は紫式部が八重桜を受け取る役でしたが、後輩に当たる伊勢大輔に譲ったといわれています。
中宮・彰子がその歌を大変喜び、返歌を詠んでいます。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

大中臣能宣朝臣(おおなかとみのよしのぶ)

(上)
みかきもり 衛士のたく火の 夜は燃えて

(下)
昼は消えつつ ものをこそ思へ

貞信公(ていしんこう)

(上)
小倉山 峰のもみぢ葉 こころあらば

(下)
今ひとたびの みゆき待たなむ

皇嘉門院別当(こうかもんいんのべっとう)

(上)
難波江の 葦のかりねの ひとよゆゑ

(下)
みをつくしてや 恋ひわたるべき

赤染衛門(あかぞめえもん)

(上)
やすらはで 寝なましものを さ夜更けて

(下)
かたぶくまでの 月を見しかな

猿丸大夫(さるまるたゆう)

(上)
奥山に 紅葉ふみわけ 鳴く鹿の

(下)
声きくときぞ 秋はかなしき

源宗于朝臣(みなもとのむねゆきのあそん)

(上)
山里は 冬ぞさびしさ まさりける

(下)
人目も草も かれぬと思へば