ホーム > 61番~70番, さ行の作者 > 左京大夫道雅(さきょうだいぶみちまさ)


左京大夫道雅(さきょうだいぶみちまさ)

左京大夫道雅(さきょうだいぶみちまさ)の画像

小倉百人一首 063番

(上)
今はただ 思ひ絶えなむ とばかりを

(下)
人づてならで 言ふよしもがな

▼音声

読み
いまはただ おもいたえなん とばかりを
ひとづてならで いうよしもがな


現代語訳

今となってはただ「貴方を諦めましょう」という言葉を、人に託すのではなく、自分自身が直接言える方法があればいいのですが・・・。

解釈

諦めるという言葉だけでも直接告げたい、という思いを込めた歌


作者とプロフィール

名前:左京大夫道雅(さきょうだいぶみちまさ)
性別:男性
生没年:992~1054年
内大臣藤原伊周の子で、名前が藤原道雅です。
藤原道長に押され、幼くして失脚し、不遇のまま一生を過ごしました。

雑学・豆知識

神に仕える巫女の役割を持つ女性との禁断の恋がばれ、逢う事さえも叶わなくなってしまった時に読まれた歌です。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

大中臣能宣朝臣(おおなかとみのよしのぶ)

(上)
みかきもり 衛士のたく火の 夜は燃えて

(下)
昼は消えつつ ものをこそ思へ

紫式部(むらさきしきぶ)

(上)
めぐりあひて 見しやそれとも 分かぬまに

(下)
雲がくれにし 夜半の月かな

河原左大臣(かわらのさだいじん)

(上)
みちのくの しのぶもぢずり たれ故に

(下)
乱れそめにし われならなくに

中納言家持(ちゅうなごんやかもち)

(上)かささぎの わたせる橋に おく霜の

(下)しろきを見れば 夜ぞふけにける

鎌倉右大臣(かまくらのうだいじん)

(上)
世の中は つねにもがもな 渚こぐ

(下)
あまの小舟の 綱手かなしも

右大将道綱母(うだいしょうみちつなのはは)

(上)
嘆きつつ ひとり寝る夜の 明くるまは

(下)
いかに久しき ものとかは知る