ホーム > 61番~70番, さ行の作者 > 前大僧正行尊(さきのだいそうじょうぎょうそん)


前大僧正行尊(さきのだいそうじょうぎょうそん)

前大僧正行尊(さきのだいそうじょうぎょうそん)の画像

小倉百人一首 066番

(上)
もろともに あはれと思へ 山桜

(下)
花よりほかに 知る人もなし

▼音声

読み
もろともに あわれとぞおもえ やまざくら
はなよりほかに しるひともなし


現代語訳

私と一緒に懐かしく想ってくれ、山桜よ。
ここには山桜と私しかいないのだから。

解釈

深山での孤独を詠った歌


作者とプロフィール

名前:前大僧正行尊(さきのだいそうじょうぎょうそん)
性別:男性
生没年:1055~1135年
参議源基平の子で、10歳の時に父を失い、出家しました。
やがて天台座主まで登りつめた他、歌人としても有名です。

雑学・豆知識

修行先の山奥で、遅咲きの桜を見かけて詠んだ歌です。
歌の中の「思いかけず」は、季節を現す言葉と、場所を表す言葉だという二つの説があります。
また「あはれ」は、あっぱれの語源でもあるそうです。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)

(上)
あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の

(下)
ながながし夜を ひとりかも寝む

皇太后宮大夫俊成(こうたいごうぐうのだいぶしゅんぜい)

(上)
世の中よ 道こそなけれ 思ひける

(下)
山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる

崇徳院(すとくいん)

(上)
瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の

(下)
われても末に あはむとぞ思う

僧正遍昭(そうじょうへんじょう)

(上)
天つ風 雲の通ひ路 吹きとぢよ

(下)
をとめの姿 しばしとどめむ

祐子内親王家紀伊(ゆうしないしんのうけのきい)

(上)
音にきく たかしの浜の あだ波は

(下)
かけじや袖の ぬれもこそすれ

喜撰法師(きせんほうし)

(上)
わが庵は 都のたつみ しかぞすむ

(下)
世をうぢ山と ひとはいふなり